海外生活と旅情報
タイ・バンコク移住&アジア周辺旅行
デリー

【インド鉄道】デリーからジョードプルへの夜行列車。Uber利用やニューデリー駅のラウンジについて

オールドデリー駅のライトアップ

はじめに

年末年始のインド旅行、主にジョードプル観光がメインの旅編です。デリーからジョードプルは飛行機で行くのが最もスムーズですが、直前までチケットを取っていなかったのと、年末年始ということもあり案外高かったので、電車にしてみました。

デリーからジョードプルへは約11時間ですが、寝ていれば着くのでどこでも寝れる人は大丈夫。出発する駅はオールドデリーにある、デリー駅からになります。詳細はまた後述で書いていきたいと思います。

デリーでのUber利用

夜行列車の前にホテルから駅への移動などあると思うので、デリー市内での移動について簡単に書いてみます。スムーズなのは渋滞のないメトロで、駅近の場合はメトロでの移動がおすすめです。

メトロ以外ではどこにでもいるオートリキシャがすぐにつかまります。タイのトゥクトゥクを小さくしたような乗り物です。ただオートリキシャは料金交渉制で、相場が分からないと大抵ぼられます。

オートリキシャ乗車中

ネット接続が可能な場合は、Uberを使うのがベストだと思います。インドの大きな都市ではUberが普及しています(GrabやGojekはサービス展開していません)Uberで相場をつかんでおいて、いない時はオートリキシャを使うのが良かったです。

下はニューデリーの少し先からオールドデリー駅への検索をした例。オートリキシャだと同じところをこの2、3倍の料金を言ってきたりします。Uberは明瞭会計なので、詳しくない土地を旅する時はほんと便利ですよね〜 対応エリアがどんどん広がってほしいです。

Poolはシェアライド(乗り合い)なのであまり使いませんが、UberGoやPremierが中間的なレベルの料金体系になっているようです。これ以外にもUber XLやHire Goなどの上のクラスも選択できました。ドライバーは近くまで来たら、電話かチャットで連絡がある人が多かったです。

ニューデリー駅のラウンジ

今回は夜の21:15発の電車で時間があるので、ニューデリー駅で待つことにしました。デリー駅にも待合室はありますが、簡素なベンチだけなので長時間だと疲れます。そこでニューデリー駅のラウンジを使うと少し楽です。

ニューデリー駅

ニューデリー駅のGフロアの端には、IRCTCのこのようなラウンジがあります。空港の航空会社のラウンジのような高級感はなく、カード会社のラウンジのようなイメージです。

ニューデリー駅のラウンジ

下はメニューの一部、シャワーなども利用できます。またラウンジの受付では乗車予定の電車の確認がありました。オンライン予約できちんと受け付けられているかやや不安だったので、ここで無事取れていることが確認できて良かったです。

IRCTIの公式サイトから、PCでは右上のメニューをクリックし、Foreign tourist Bookingより予約が可能です。クレジットカード決済も使えます。Waiting Listに載っていたのですが、無事取れていました。予約だけ入れてキャンセルする人も結構多いそうです。予約が完了できていれば、下のような予約完了のショートメールも届きます。

Waiting Listはインド国鉄独特のシステムのようですが、例えば2等席では50人待ちぐらいだと、何とか乗れたりすることが多いという情報もネット上にありました。(その時の状況や運次第)

またこのショートメールは、出発前に車掌さんが周ってくる時にチェックされるのでスマホで見せればOKでした。オンライン予約の場合はチケット発券などはなく、このメールを持った上で直接乗車で大丈夫です。

デリーからジョードプルへの夜行列車

ニューデリー駅からデリー駅(オールドデリー)へは、メトロでアクセス可能です。路線図のオレンジのラインで、ニューデリー駅からチャンドニー・チョーク駅へ行くと、地下通路で国鉄のデリー駅前、地上の道路に出ることができました。

荷物が多い方はUberがいいでしょう。夜のデリー駅は派手にライトアップしてました。なかなか独特の雰囲気。デリー駅のまわりは埃ぽっくて車の通行も多いです。

オールドデリー駅

こちらがデリー駅の構内。何というか荒んだ感じがあってあまり居心地は良くない駅です。マクドナルドがあるので出発までそこにいました。

デリー駅構内

ジョードプル方面に行く電車のプラットフォームが分からなかったので、制服を着た人に聞いてみると教えてくれました。マクドナルドの近くのホームから出発でした。車両のサインを見るとジョードプルは途中通過で、その先まで行く列車のようです。

ジョードプル行きの電車

車両に大きくクラスが書かれています。こちらはエアコン付き2等車両です。

ホームの電車

2等車両は2段ベッドになっていて、1ボックスに4人入るのがデフォルト。コンセントやライトもついていて、タイの夜行列車に近いような雰囲気です。シーツなども用意されていて清潔でした。

2等席の上段

今回2等席で予約してましたが、最初に間違えて入った1等の個室。これが向かい合わせで両側にある個室になっています。快適性や治安の面からも、1等か2等席を予約するのがおすすめです。旅慣れた方は下のクラスも可能かもしれませんが、2等席ぐらいの方がいいと思います。

乗っているのは外国人は少なく、ほとんどインドの人でした。上のクラスに乗る人は余裕がある人たちなので、やはりこちらの方が安心です。今回は2等席でしたが近くの人はとても親切でいろいろ教えてくれました。

1等個室

そしてジョードプル駅には朝の8時頃に到着!プラットフォームに降りると結構寒かったです。

ジョードプル駅のホーム

ジョードプル駅にはインド感のある大きな壁画もあっていい雰囲気。

駅の壁画

デリー駅は人が多く荒んだ印象でしたが、ジョードプル駅は明らかに雰囲気が明るく爽やかでした。煉瓦色の駅と壁画に朝日が射して気持ちよかったです。

朝日の射すジョードプル駅

関連記事