海外生活と旅ブログ
タイ・バンコク移住&アジア周辺旅行
ジョードプル

階段井戸のToorji Ka Jhalra bavdiと、すぐそばのオープンハウスカフェ

ジョードプルの階段井戸

ジョードプルの旧市街を歩いています。ここは建物の形や色も様々なので、異国の風景や建築が好きな人は楽しいと思います。

路地の中は静かでも、オートリキシャやバイクがスピードを出して進んできます。また道路は汚れていて水たまりがあったり、犬や牛がいたりするので歩く時はちょっと注意が必要。

インドは文化も独特で日本人が見ても、何のお店か分からないものがたくさんありますね。お供え物関連は特に分かりませんが、ここもカラフル。

時計塔のあるガンタガール(Ghanta Ghar)から歩いていると、遺跡のような場所が現れました。調べてみるとこれは階段井戸というそうです。インドの各地に数百以上あるよう。

ここはGoogle Mapで見ると、Toorji Ka Jhalra bavdiという名前になっています。周辺にはカフェやレストランもありますよ。

このユニークな形状は掘り進めていく中で出来たそうなのですが、デザインも調和が取れいて素晴らしいです。写真撮りにきているインドの人も多かった。

この階段井戸の周りにはカフェが数件あります。写真右と左に見えているカフェ、両方とも別々の日で行きましたが、右は落ち着いたシックなカフェでした。ジョードプルでは珍しい雰囲気の落ち着いたカフェ。

今回写真を撮ったのは左のカフェだけです。Open House Cafeという白と青の爽やかな建物。

通路にはこんな絵と置物がありました。壁画の街ジョードプルにはぴったり。

階段を上がっていくとカフェが現れます。そんなに大きなカフェではありませんが、さらに上の階の席も使えます。個室の中の座敷のようになっている、落ち着けそうな席もありました。

カフェから階段井戸の前の通りを見た写真。階段井戸の前にはホテルも並んでいます。

カフェの席からも階段井戸がよく見えます。そこまでインパクトがある訳ではありませんが時計塔からも近いので、散策がてら寄ってみるのも良さそうです。

反対側にはメヘラーンガル城塞が見えます。夕方の逆光なので写真ではやや見づらいですね。

ジョードプルにはこのように、建物の屋上がレストランやカフェになっているところが多く、独特の雰囲気を楽しむことができます。夜は涼しくなりますし、メヘラーンガル城塞もライトアップしてきれいなので夜もおすすめ。

階段井戸の近くにジョードプルの街全体を描いた、大きな壁画と言うか看板がありました。実物より美しくまとめすぎてる感はありますが、番号が降ってあるので知らない観光スポットやカフェも発見できますよ。

関連記事