海外生活と旅ブログ
タイ・バンコク移住&アジア周辺旅行
タイ

BTSパヤタイ駅近くの知られざるのんびりスポット「スアン・パッカード宮殿」

スアン・パッカード宮殿はラーマ5世の孫、チュムポット・バリパット・ナコーンサワン親王夫妻の御所で、今は博物館として一般公開されています。

タイ語でパッカードはキャベツという意味ですが、この名前はここが以前にキャベツ畑であったことに由来しているそうです。

パヤタイ駅から程近い場所にあるので、近くに泊まっている方はお散歩代わりに行ってみるのもいいかもしれません。入場料は外国人100バーツ、ワークパーミットある人は割引も。日曜・祝日はお休み。敷地内は緑が豊かです。

BTSの駅から徒歩圏内なのに、こんなに落ち着いた場所があったんですね。向こうにAJINOMOTOの大きなビルが見えてます。駅からは歩いて5-10分程。

建物は5棟あってチーク材などで作られている、高床式になっています。宮殿という語から想像できる程、大きく立派な建物ではありませんが、タイの歴史や文化を感じることが出来ます。

中は撮影禁止なので入口から少し、この建物の中は特に美しかったです。チーク材の床はタイの歴史建造物によく使われていますが、独特の艶が素敵ですよね。

様々な古美術品が展示されていて、自由に見て回れます。

上の階にあがって歩き回ってみました。通路の柵がアジアンなデザイン。緑が多くて気持ちいいです。

掃除の人がこんなところに落ちていた花を集めてました。なんだか粋ですね、ちょっとほっこりした瞬間でした。

仏像とオフィスビルのコントラスト。

パンフレットによるとバンチエン遺跡の出土品、スコータイ時代の仏像など貴重なものも展示されているそうです。

オーキッドの花があったので、アップで撮ってみました。

たまにはこんなところもいいですね。人もほとんどいないのでのんびり歩けました。この日は地元の学生さんたちも見学に来てましたよ。

休憩コーナーにさり気なく置かれていた仏像の彫刻。

似たような雰囲気のスポットでは他にも、ジム・トンプソンの家、バンコキアン・ミュージアムなどがあります。個人的にはジム・トンプソンの家の方が好きですが、どちらも近いので歴史やこういった雰囲気が好きな方は両方行ってみるのもいいかもしれません。

関連記事