海外生活と旅ブログ
タイ・バンコク移住&アジア周辺旅行
ジョードプル

ジョードプル最大のスポット、壮大なメヘランガール城塞へ(その2)

回廊のある建築

チケットを購入し終えて、メヘランガール城塞の中へ入っていきます。

通路のそばでひっそり演奏をしていたおじさん。同じ格好をした人が他のところにいたので、後で来てくれるのかも。

有名な赤い手形のオブジェ。亡くなった女性を弔ったものだそうです。

坂道を登りきると大きな建物が見えてきました。ジョードプルは晴れている日がほとんどなので、建物を撮るとどこも写真映えします。

洋風のようにも見えるけどやはり少し違う、独特の建築です。造りも細かくて圧巻。

白壁に描かれたきれいな壁画も見かけました。映画では見たことがあったけど、戦では実際に象も使われていたんですかね〜

こんな展示品や他にも大きな絵画もあって、自由に見て回れるようになっていました。

後で上の回廊のようになっているところにも行きます。

建てた時代や改修した時代が違うのか、それとも当初からこのようなデザインだったのか分かりませんが、見た目が異なる建築が一緒になってます。

右に写っているのは多分この前訪れた、ウメイド バワン パレス。クラシックカーが何台も連なって宮殿から出ていくところも見かけました。タイミングが良ければ見れるかもしれません。

なんだか静けさがあっていい写真。写真には写ってないですが、観光客はたくさんいます。

剣や鎧などの展示品もありました。こちらは高価そうな銀の壺。

そして突然現れた豪華な部屋。マハラジャのイメージどおり。

金や宝石がたくさん使われているのか、きらびやか。王族の住まいにぴったり。

時折洋風な装飾などもあったりして不思議です。まだ城塞の中は半分も進んでないぐらい。写真がたくさんあるので、続きはその3へ。