海外生活と旅ブログ
タイ・バンコク移住&アジア周辺旅行
ジョードプル

ジョードプル最大のスポット、壮大なメヘランガール城塞へ(その1)

メヘラーンガル城

いよいよジョードプル最大の観光スポット、メヘランガール城塞を訪れます。小高い岩山の上なので街中からもよく見えていました。下は泊まっていたホテルの屋上レストランから見た城塞。これは行ってみたくなります!

トゥクトゥクで大きな道を通って入口まで行くこともできますが、それほど遠くない場所に泊まっていたので歩いていくことに。15-20分ぐらいで上まで行けるようです。こんな感じのインドな建物のある細い道を進んでいきます。

Google MapでHill View Guest Houseと出ている建物のそばから、城塞へ歩いていける坂道が伸びています。ここにはHill View Restaurantがあり、小さな売店もあったのでチャイを飲んで休憩です。(まだ歩いて5分ぐらい)

売店の近くにやぎがいました。この地方は朝晩は冷えるからでしょうか。適当に服を着せられていてかわいい(笑)もう一頭は服は着てなくて、バイクの上に乗っかったり岩のふちを歩いたりしています。餌が入ってるのはフライパンかな?

チャイを飲んで城塞への近道となっている坂を上っていきます。写真のところは日陰になっていますが、ほとんどは日なたなのでちょっと暑いです。

少しずつ城塞に近づいてきました。ここから見ても立派な建築です。メヘランガール城塞は1459年に建設されたと言われており、王族のマハラジャが実際に住んでいた宮殿です。

岩山の近くにはリスがよくいました。写真撮影に成功。

坂をのぼりきって入口のところに到着。チケット売り場はこの先にあるので、ひとまず入っていって大丈夫です。城塞のシルエットが美しい。

門のところにはジョードプル得意の壁画、そして外国人だけでなくインドの方もたくさん訪れていました。

チケット売り場のところです。入場料は600ルピーとなっていました。今のレートで約940円ぐらいです。あとはカメラ持ち込みは100ルピー、ビデオ持ち込みは200ルピーなども記されていました。スマホだけなら入場料のみ。

チケット売り場の前あたりから。この時点で建築が既にすごい・・・

向こう側にはジョードプルの青い建物が混じった街並みが見えています。後でもっとはっきり一望できる場所にも行きますよ。

タイムスリップしたような景観です。素晴らしくスケールの大きな建築!

内部へと続く道をさらに上っていきます。進行方向には青空。

映画のセットの中にいるような現実感がないほどの、重厚で壮大な造りです。

次は宮殿の中へ入っていく記事へと続きます。