メヘランガール城塞を訪れた次の日、ジャスワントタダという霊廟に行ってみることにしました。下は出発前に撮ったホテルの中庭。ジョードプルに多い青色の壁でセンスの良い飾り付け。

ジャスワントタダにはオートリキシャで向かいました。こちらは入口にあった入場料の案内。50ルピー(約75円)でした。

こちらがジャスワントタダの正面。ジャスワントシン2世を偲んで建てられた建築物です。ここから見ると宮殿の様な美しさ。

白っぽい大理石で作られており、とても頑丈そう。細部まで凝った造りです。

建物はとても美しいのですが、頭上に鳩がたくさんいるので、アレルギーがある人などはきついと思います。マスクがあればベストかも。

建物の側面から入ることができました。靴を脱いで入ります。

霊廟の中はひんやりしていて幾らか涼しく感じます。内部も美しい!

独特な緑の窓枠を横に奥の方へ進みます。

写真が立てかけられていてきれいに祀られていました。

ジャスワントタダの裏側は少し丘状になった荒れ地のような場所。でもよく見ると城壁のようになっています。侵入者を防ぐ目的と思われます。

こちら側からはジョードプルの街並みも少し。エキゾチックな眺め。

豪華で美しい建物の前では自撮りするインドの人が絶えません。自分大好きな人も多いお国柄なので〜

お洒落なカップル、この宮殿の様な建物が似合いますね!

隣にはこのような小さな建築物も3つ4つ並んでいました。

どこの国にいるのか分からなくなってきそうな風景。

正面から少し離れた場所にはこちらも不思議なオブジェが並んでいます。少し遠くに見えるのはメヘランガール城塞。徒歩だと15分ぐらいの距離です。

両方訪れる場合は歩く人もいますし、オートリキシャを使う人もいます。ただ歩くとアップダウンがあり暑いので少し大変。

サリーとこの地方独特の長いベールは絵になります。

敷地内にはメディテーションの部屋もあって、ヒーリングヨガなどにも参加できるようでした。

ジャスワントタダはメヘランガール城塞からも近いので、時間がある場合は合わせて見学してみるのがおすすめです。見どころは多くありませんが、美しい建築です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です