アクセス

デリーで少し時間ができたので、宿泊していたエリアから向かいやすい場所にあった、ジャーマー・マスジドというモスクに行ってみることにしました。ここはインド最大級のモスクとのことで、1656年に竣工しています。

アクセスはデリーメトロが便利。地下鉄の2駅が最寄りです。一つはバイオレットラインのジャーマー・マスジド駅、もう一つはイエローラインのチャウリ・バザールです。

私はチャウリ・バザール駅から歩いて行ってみました。こちらは少し離れているので歩きますが、チャウリ・バザール通りはある意味圧巻でした。正直なところ今まで歩いたことのある場所で、最も煤けたカオスな通りだったと思います。

衝撃的な(汚さの・・)オールドデリーの中を進んでいくと、霞んだモスクの尖塔が見えるのでそれを目指してまっすぐ進みます。入場口はこちら側から見ると左方向になるので少し歩きます。

モスクの外観

入り口に着くと靴を脱ぐように言われますが、使い捨てのスリッパが100ルピーで購入できます。日差しのある場所は床も暑いですし汚れもあるので、これは買ってよかったと思いました。

また入場料は一応無料ですが、カメラの持ち込みは300ルピーになっています。私はスマホだけで手ぶらで行って300バーツでした。なので実質入場料は300ルピー、そしてスリッパ100ルピー、後でミナレットの上に登る時に100ルピーなので、合計500ルピーぐらいです。

中に入ると大きな広場があって自由に歩き回ることができます。こちらは正面から見たモスクの様子。建物のデザインもインドらしさを感じるムガール様式。

上の方はこの時工事中で足場を組んでいるところがあり、見た目的にやや残念。

門から外側を見てみると、道路のすぐ向こう側の建物も霞んで見えるほどの空気の悪さです。デリーは普段から空気が悪い都市として有名ですが、この週も悪かったようです。

AirVisualというサイトのスマホアプリを入れていると、世界の都市の空気環境を数値で見ることができて便利ですが、この日のデリーの数値は200を超えていました。

建築は普段見慣れないデザインなので面白い。

次の写真で左にある高いミナレットは、上まで登ることができます。この塔から外壁側に小さなチケット売り場があるので購入。チケットはたしか100ルピーです。

ちなみにミナレットの入り口まで頼んでないのに勝手に案内して、最後にガイド料をくれと言う人が待機しています。受けるか断るかは自由です。

ただミナレットに行くには、門のそばにある階段を通って、上の外壁に出る必要があります。この入口が少し分かりにくい場所にあります。下の写真は外壁の上から撮ったオールドデリー。崩れそうな建物と人とオートリキシャが入り混じっています。

こちらは外壁の上から見たモスク前の中庭。2万5000人が集まることができるそうです。

ミナレットからの眺め

狭い螺旋状の階段をぐるぐる上っていくと、一番上のちょっとした展望スペースに到着します。ミナレットの高さは約40mあるので、結構いい運動に。

写真は鉄格子の間からしか撮れませんが、天気が良ければいい眺めです。

オールドデリー周辺は古い建物がどこまでも続いています。

これが上ってきた螺旋階段。すれ違うのがやっとというぐらいに狭いです。

中庭では座ってくつろいでる人も多かったです。壮麗な建物や高いところからの景色が好きな人は訪れても良いスポットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です