海外生活と旅ブログ
タイ・バンコク移住&アジア周辺旅行
ホイアン

ホイアンの街並みやカフェと川沿いの風景

ダナンからホイアンに移って数日間滞在。お昼に自転車や徒歩で散策してみました。ホイアンは世界文化遺産に指定されている魅力ある街です。多くの旅行者は空路でダナンに到着しホイアンとセットで観光するという流れ。

中心部であれば自転車か徒歩でまわれるほどです。自転車を止めたところにきれいな寺院があったのでのぞいてみました。Google Mapでは徳賽寺という表示。カラフルで壁画が美しいです。

黄色の壁に赤い提灯と木枠がとてもいい雰囲気。

この寺院のすぐ向かいにはRaw Coco Coffeeというカフェ。明るくてきれい、2階もお洒落な内装です。(地図

ホイアンはそれほど大きな街ではないので、ダナンから日帰りする人もいます。個人的には1泊2日か2泊3日あれば、十分見て回れるように思いました。緑も多いこんな通りがいくつもあります。

こちらは有名な来遠橋(日本橋)、20000ドンの裏面にも印字されている、有名な観光スポットです。

GIORDANOも何だかお洒落。ホイアンはブーゲンビリアで彩られたお店もよく見かけました。

川沿いにやってきました。ヤシの木や建物が水辺に反射しています。いい天気で暑い!

川沿いに観光スポットは集中してるので、観光客はほとんどこの周辺を歩いています。

来遠橋の近くにあったカフェ。ベトナムはカフェのレベルが高く、かつ安いのが素晴らしい。このカフェは川沿いのCộng Cafeと同じ並びにあります。

昼間は静かで緩やかな時間が流れるホイアン。賑わうのは暑さも和らぐ夜になってから。

この橋も新しそうですね。夜はライトアップして写真を撮る人たちでいっぱいになります。

風情のある街並みと川に浮かぶボート。ホイアンはノスタルジックという言葉が似合うように思います。

夜は観光客を乗せて走ったり、お土産を売る人たちも使っています。

ホイアンといえば黄色い壁の家々です。ヨーロッパとアジアの雰囲気が融合したような不思議な雰囲気。そして中華系の建物もよく見ます。16世紀からの長い歴史のある街です。

旅行者が多いところは観光地化されていて、モダンなお店も歴史を感じるお店もあって、過ごしやすいと感じました。レストランやカフェやお土産店もたくさんあるので、旅行者も利用しやすくなっています。

何となくホイアンの雰囲気が伝わったでしょうか。狭いエリアの中にも色々見どころはあるので1泊してみて、夜のホイアンでも過ごしてみるのがおすすめです。